おいしい宝物 忍者ブログ

スポンサードリンク
フリーエリア
テレビやネットで見かけたおいしいもの情報
[19] [18] [17] [16] [15] [14] [13] [12] [11] [10] [9]
2017/12/12 (Tue)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2009/03/04 (Wed)
ベストハウス123の中の
ものすごく美味しいシリーズ

今夜中尾彬さんがプレゼンしたのは
ものすごく美味しい干物

テレビでおいしいもの、特にスイーツとかは
よくやっていますがおいしい干物の紹介というのは
なかなか見たことがありません
第3位

浜峰商店 サンマの丸干し

三重県熊野灘
丸ごと食べられる
天日干しにこだわったサンマの干物

全く切らずに丸ごとほしているので
内蔵もはいっていますが、その苦味がまた
おいしくなるそうです

素材
熊野灘の新鮮なサンマを使用しており
普通のサンマより細く干物に最も適している

 
熊野灘の塩とオーストラリアの塩をブレンドした天然塩
300年以上昔からの手法

 
熊野山麓の天然水

干し方 
頭を下にしてほすことで
余分な脂や臭みが抜ける

二日間干す




第2位

東京仙印商店 灰干し熟成サバ

とれたてのサバの味を凝縮
干さずに作る

塩漬けにしたサバの切り身を
火山灰の中で熟成させる
火山灰がサバの水分を吸収するので
干物にむかないサバでおいしい干物が作れる

火山灰はミネラルが豊富で
15時間ほど保存すると
身にサバの旨みだけが凝縮されている



第1位

味匠 喜っ川 鮭の酒びたし

河口近くでとれた5キロ近くのオスのみを使用

鮭は川を登るときに体質が変わり
表情が変わる
体質によって塩の入り方が違うので
表情をみて塩加減をかえるというこだわり

干し方 
自然の風で一年間乾燥させる

1年のうち風向きが悪い日は鮭をおろしたり
雑菌のつきやすい季節は、一匹一匹丁寧に
水洗いをするという手間のかかった一品です

オススメの食べ方はお茶漬け
熟成された鮭からダシが出て最高の味


 
新潟村上が誇る極上の酒の肴!鮭の酒びたし 詰合せ40g×3



PR
prevHOMEnext
忍者ブログ[PR]